施工事例紹介
トップページジオクロス工法

ジオクロス工法とは…

環境に優しく、低コスト。エコロジーにも配慮した、
新しい住宅地盤対策工法
世界各国の航空滑走路・高速道路・路線で実証!


ジオクロス工法は、工期短縮・高耐久性・邸コスト・環境にやさしい

『ジオクロス工法』は、ジオクロスを2方向(縦横)に敷設することにより、
土のせん断抵抗を高め、住宅の不同沈下を防ぎます。
また、土に加わっている力をシート敷設効果で分散させることにより、
均質な地盤を形成することを目的とする工法です。

ジオクロス工法の使用の仕方と特徴

メリットとデメリット

鋼管杭工法
圧入機等を使用して鋼管を地盤に圧入し、支持層に確実に圧入することで支持力を得る工法です。
鋼管杭工法
メリット
 ・品質を保証された既製杭を使用するため高い信頼性がある
 ・無振動・低騒音での施工が可能です
 ・すぐに強度が発現するため工期が短縮できる
 ・鋼管杭工法による排土は、ほとんど出ません
デメリット
 ・大きな石などが地中に多く混入していると施工が困難になる
 ・杭の断面積が小さいため、他の工法よりも強固な支持層が必要

表層改良工法
基礎の下の地盤を設計の厚み分すべてセメント系の粉体固化材を混合・攪拌・転圧し、硬質で均一な安定層を形成する工法
表層改良工法
メリット
 ・改良状態を目視で確認できるため信頼性が高い
 ・安定地盤が浅い場所にある場合、比較的安い工事費で施工可能
デメリット
 ・セメント系固化材が飛散しやすい。
 ・支持地盤が2m以上の場合には対応できない

ダクパイル工法
杭先端のらせん状の羽根の推進力で地盤に回転挿入させる
支持杭工法です。
ダクパイル工法
メリット
 ・国土交通大臣の材料認定と工法認定を取得し、信頼性が高い
 ・打撃を伴わないため、振動や騒音が少ない
 ・強度発現までの養生期間が不要なので、工期が短縮できる
デメリット
 ・杭の断面積が小さいため、他の工法に比べ、強固な支持層が必要
 ・大きな石やガラなどが地中に多く混入していると施工が困難になる

ジオクロス工法
特殊シートを使用し、住宅軟弱地盤を補強して地盤の支持力の増大を図り、総沈下量の抑止、不同沈下制御をする工法
ジオクロス工法
メリット
 ・固化材を使わないので発がん性物質の六価クロムなどを作らないので安心
 ・引張り強度、耐突き貫け強度が大。 耐久性能は半永久的に持続
 ・既存工法と違い、施工後の精度等の施工確認ができる工法
 ・住宅基盤や地下水への汚染は生じない。
 ・掘削深度が浅いので、残土処分の量が少ない
 ・大型重機が不要で、騒音・振動・粉塵等で近隣に迷惑をかけない
 ・土壌汚染・埋設物などによる不動産鑑定評価に関わる問題を発生させない
 ・狭い現場でも作業性がよく敷設作業は短時間で完了。
 ・雨天でも作業が可能な為、行程の流れの遅れを防ぐ (大雨の場合は不可)
 ・基礎工事の流れの中で施工できる為、特別な行程は組まなくても良い。
工法が採用できないケース
 ・軟弱層の厚さが異なっている場合
  (切盛地盤にまたがっている場合も含みます)
 ・柔らかい地盤に新たに盛土した場合(3年未満)
  (沈下板による計測で沈下が収束したことを確認できた場合は除きます)
 ・未分解の著しい有機質土が分布している場合
 ・その他、特殊な地盤状況となっている場合

ハウテックスでは

3年ほど前までは、この工法は国道などの道路工事に採用されていましたが、
建物には採用されておりませんでした。当時は、地盤が悪いと直ぐに、
コンクリートや鉄管のパイル! 少し新しい工法では、厚さのある発砲スチロール
を敷き詰めて、コロンブス工法という物を使っておりました。
しかし、最低でも300万円以上のコストがかかってしまいます。

ハウテックスでは、低コストでありながら高耐久性を誇るジオクロス工法をお客様にご提案させて頂いております。


フリーダイヤル【0120-939-662】 お問い合せ・資料請求
プライバシーポリシー このサイトはリンクフリーです