「住宅貧乏」という言葉を耳にしたことはございますか?あまり耳慣れない言葉かも知れませんが、要するにマイホームを購入したことによって豊かさや快適さを失ってしまう症状をこう呼びます。実はいま、この「住宅貧乏」という症状に陥ってしまう人が急増しているのです。
今回の見学会は、モデルハウスをご覧いただくだけではなく、将来「住宅貧乏」にならないための家づくりについてもご紹介させていただきます。

  • 家が資産として「価値」を生む
  • HAPPYを「足し算」する家づくり
  • しっかり資金計画で家計も安心
  • 将来のローン返済の不安を解消
  • 可変性が高いから・・ずっと快適ずっと満足
  • 老後は家を年金として活用できる
  • 楽々メンテナンスで家は長持ち

  • 20年も住めば二束三文
  • 夢を削って進める家づくり
  • ずさんな資金計画で住宅貧乏に
  • 万一の時に家が「足かせ」になる
  • 将来のローン返済の不安
  • 我慢・忍耐は日本人の美徳と負け惜しみ
  • 老後は「家の処分」が頭痛のタネ
  • 費用も手間もかかるメンテナンス

いかがですか?
マイホーム取得を真剣に考えている貴方が選ぶのはどちらのタイプの家ですか?
ハウテックスはVintage Houseを家そのものはもとより、その「システム」の優秀性に注目しておすすめしています。
そのまったく新しい概念の家とそのシステムをしっかりとご覧下さい! 他の家と比べてみてください!!

MSJ<フラット35S>
(返済期間10年以下・手数料標準タイプ)
金利Aプランは当初10年間
金利Bプランは当初5年間


<フラット35>のお借入金利から

フラット35の金利はお申込時点でなく資金取得時の金利が適用されます。


蔵をイメージしたモノトーンのスタイリッシュな外観が特徴のジャパニーズモダンデザイン。
現代的なモダンデザインでありながら、日本独特の伝統的なイメージを兼ね揃えた気品ある上質な空間を作り上げました。

美しく重厚感のある屋根、真っ白な漆喰壁はどこか懐かしく、ホッと心が和みます。
玄関から入ると大きな土間が誇らしげに人々を迎え入れます。
土間は、夏場の暑い季節に打ち水などして涼しみ、冬場は薪ストーブでお餅を焼くなどして風情ある暮らしを堪能できます。
玄関土間から見上げる大黒柱は吹き抜けによる大空間を堂々と支え、リビングは家族で団らんできる心地よいスペースです。
日本人の感性を刺激する和の空間でありながら、ブラックウォールナットの無垢材をふんだんに使い、モダンデザインを融合したシンプルな「和」の空間に仕上がりました。

【建築仕様】
■延床面積/103.50㎡(31.30坪)

【構造・仕上】
■構造/在来工法
■屋根/メトロローマン(天然石粒鋼板)
■外壁/上部:ジャパン漆喰
      下部:オメガアクロフロックス
■サッシ/APW330(樹脂窓)

【内部仕上】
■床/1階:無垢フローリング
     2階:フローリング
■壁/1階:漆喰塗、
        一部天然土壁アメリカンクレイ、
        珪藻土(和室)
     2階:クロス貼り
■天井/クロス貼り

収納たっぷりのキッチン

重いものが出し入れしやすく、扉割りもすっきりとした収納便利なキッチン。
毎日の料理が楽しくなる空間です。

土間から出入りできる和室

和室は土間ともつながっているので、急な来客にも土間から対応することが可能です。さらに、土間を抜けると裏庭へ。京屋敷をイメージした仕上げにしました。

料理にも活用できる薪ストーブ

レトロな客室にぴったりな薪ストーブで家中が温かくなります。スープやグラタンなどの料理をすることもできます。

※掲載の外観、及び内観の写真は建築プランの一例で、見学会会場の上記プランとは異なります。


スタッフ一同心よりお待ちしております!

日時
平成28年2月6日(土)・7日(日) 10:00~16:00 ※ご予約不要

場所
会場/富士市中野580-14



お問い合わせ
0120-939-662